配当金とは

 企業は発生した利益の一部を投資してくれた株主に還元します。 その還元されたお金のこと配当金と言います。 通常配当は年に1、2回程度行われ期末決算時と中間決算時に支払われます。

 例えば、株価10,000円で100株の計100万円の株を保有していたとします。 これに1株あたり500円の 配当がもらえるとすると、年間「500円×100株」で「5万円」の配当金を受け取ることが出来ます。

 配当率は企業によって様々ですが、多い企業では年間5%を超える配当になる場合もあります。 ただ企業の業績が悪化した時や予期せぬ損失が発生した時などは予定された配当金が減額されたり、支払われない場合もあります。 配当率が高いまま放置されてる企業の株を、それだけの理由だけで購入してしまうと、実は業績の先行きが懸念されていて配当を減額してくるといった事態に陥る場合もありますので 十分注意してください。

株主優待とは

 また企業によっては株主優待を行っている場合があります。 これは配当金とは違い、 その企業のサービスの割引券や商品等が受け取れます。

 株主優待は株主にとってのメリットだけではなく、企業にとっても自社のサービスや製品を使用してもらうことで、より株主との繋がりを強くするといった目的や、 口コミなどでその企業の知名度を向上させるといったメリットも持ち合わせています。

 中にはキャラクター製品の非売品のグッズを株主優待に設けるなどの方法で、投資自体には興味のない一般ユーザーから企業ファンの株主を増やす企業もあります。