株式投資の利益

 株式投資の利益は大きく分けてインカムゲインキャピタルゲインの2種類に分類されます。

インカムゲイン
 インカムゲインは、「配当金」や「株主優待」による利益のことです。 これらは年間で数%の利回りがある場合が多く、銀行預金に比べ圧倒的に効率的です。 ただし、企業の業績によって株価や配当率も変動しますので、そのリスクは考慮しなければいけません。
キャピタルゲイン
 キャピタルゲインは株券の売買の差額によって生じた利益のことです。 例えば100万円で購入した株が150万円で売れたとすると差額である50万円がキャピタルゲインにあたる利益になります。

 投資のスタイルによっても変化しますが、概ねデイトレードや短期投資で株を売買する場合は、キャピタルゲインが重視され、 長期の投資になればなるほど、安定したインカムゲインを重視する傾向があります。 しかし昨今の経済情勢ではよほど安定した企業でないとインカムゲインを重視した投資は難しくなるかもしれません。

 どちらにしても、企業の経営状況や業績、株価チャートなど総合的に判断して投資をする必要があります。

(配当金・株主優待)前ページ← ホーム →次ページ(投資企業の選び方)