初心者の株式投資基礎講座

信用取引の種類

 先ほど説明した「信用取引のメリット」の他にも、様々な特徴があります。 現物取引ではなかった、メリットにもリスクにもなり得るシステムもありますのでここではそれを説明します。

制度信用取引と一般信用取引

 そもそも信用取引には2種類があることをご存知でしょうか? 信用取引は、証券取引所がルールを定めている「制度信用取引」と各証券会社がルールを定めている「一般信用取引」に分類することができます。 ※他にもここ数年で出てきた「一日信用取引」というのがありますが、少し内容が変わるのでここでは割愛します。

制度信用取引

 一般的に「信用取引」と呼ばれる場合、「制度信用取引」を指します。 この制度信用取引は、証券取引所によって規則を定められた信用取引です。 信用取引の金利や品貸料が定められています。

また、信用取引による買いは、ほぼどの銘柄でも対象ですが、売りから入る「空売り」については証券取引所が定めた「貸借銘柄」のみになります。 もう一つ重要なことは制度信用取引の場合、株の返済期限が6か月と定められていますので、半年以内に決済をする必要があります。

一般信用取引

 一般信用取引は、個別の証券会社によりルールが定めているものです。 そのため、証券会社により細かいところのルールは異なっており、基本的には投資家と証券会社が個別に行う取引です。

 こちらは、制度信用取引と違い返済期間は定められていないために、別名「無期限信用取引」と呼ばれています。

信用取引の比較

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.