信用取引の種類

 先ほど説明した信用取引のメリットの他にも、様々な特徴があります。現物取引ではなかった、メリットにもリスクにもなり得るシステムもありますのでここではそれを説明します。

制度信用取引と一般信用取引
 信用取引は、証券取引所がルールを定めている「制度信用取引」と各証券会社がルールを定めている「一般信用取引」に分類することができます。
制度信用取引
 一般的に「信用取引」と呼ばれる場合、「制度信用取引」を指します。
 これは、証券取引所に上場している株券等を対象とし、金利、品貸料及び返済期限等が証券取引所の規則により一律に決定されている信用取引です。 空売りにが可能になるのは、この制度信用取引のルールで定められた「貸借銘柄」になります。 もう一つ重要なことは制度信用取引の場合、株の返済期間は6か月と定められていますので、半年以内に取引を終える必要があります。
一般信用取引
 一般信用取引は、個別の証券会社によりルールが定めているものです。 そのため、証券会社により細かいところのルールは異なっています。 基本的には投資家と証券会社が個別に行う取引です。 こちらは、制度信用取引と違い返済期間は定められていません。
(信用取引とメリット)前ページ← ホーム →次ページ(委託保証金)