逆日歩(ぎゃくひぶ)

 逆日歩は値動きの激しい仕手株などを信用取引で取引する場合には、とても重要になってくるシステムです。

 逆日歩(ぎゃくひぶ)とは品貸料(しながしりょう)とも呼ばれ、信用取引で売り建てが可能な銘柄に極端に売りが集中するなどして、空売りのための株に不足が生じた場合に発生します。

どうして逆日歩(品貸料)が必要なの?
 初めて信用取引をする人にとってはわかりにくいシステムだと思いますが、空売りのためには本来持っていない株を売るわけですから、その株自体はどこから来ているのかというのがポイントになります。
 信用取引における空売り(信用売り)は、投資家が空売りの注文に対して、証券会社は「証券金融会社」という会社に株を貸してくれるように依頼します。 通常、ほとんどの信用銘柄では買い残が売り残を上回っています。 この状態では逆日歩は発生しません。 なぜなら信用取引で購入した株券は買い方の手元にはいかず、証券会社を通じて証券金融会社に集められます。 この分の株券が、信用取引の売り方に回されるために、手元に株券がないのに空売りが可能となるわけです。
 ところが、売り残が買い残を上回った場合には、実際にその銘柄の株券を持っている機関(事業者や証券会社等)から不足分を借り入れるため、 「1株当たりいくらで貸してくれるか」の入札を行います。 こうして品貸料(逆日歩)が決まります。 そして当然この逆日歩は売り方の投資家が支払うことになり、一方で買い方は株を貸している立場になるわけですから逆日歩を受け取ることが出来るのです。 これが逆日歩の仕組みになります。
逆日歩が発生する銘柄
 先ほども説明したように、逆日歩は売り残が買い残を上回った銘柄で発生します。 そして、その差が大きければ大きいほど逆日歩はより高額になってきます。 そのため、逆日歩が発生する銘柄は業績に関係なく仕手筋の介入等で株価が急上昇した銘柄や、業績が冴えないにも関わらず株価の高い銘柄などに多いです。 逆日歩を調べる場合「日本証券金融」のサイトから閲覧できます。
←前ページ(貸借倍率) ホーム →次ページ(逆日歩の計算)