株価操縦とは

 相場操縦とは市場において相場を意識的に変動させる行為です。

 その相場が自然の需給によって形成されたものであるかのように、誤解を生じさせる事によって他の投資家を騙し、その相場の変動を利用して自己の利益を生み出します。

 このような行為は、公正な株式市場の売買を阻害し、他の投資家に損害を与えるため、法令諸規則により禁止されています。

 株価操縦の具体的な例として「仮装売買」「馴れ合い売買」「見せ玉(ぎょく)」「終値関与」「買い上がり(売り崩し)」「風説の流布」などがあります。

 次のページではそれらの行為について詳しく述べてみましょう。