終値関与

 終値関与とは、ある特定の銘柄の株式を意図的に高く(または安く)する取引を行う行為です。大引け間際から大引けにかけて、直近の株価よりも高く(または安く)することで株価を形成します。

 大引け時に株の売買をすること自体は、特に違法行為ではありません。しかし、保有している株式などを上昇させるような目的で、複数回または複数日に渡って継続的にこのような売買を行うと、株価操縦として判断される可能性があります。

 「仮装売買」や「馴れ合い売買」と違い、意図的ではないにせよそういった終値関与に該当するような可能性を含む取引をしてしまうことはありますので、大引け間際の取引は注意が必要です。