初心者の株式投資基礎講座

営業キャッシュフロー

 決算書のキャッシュフロー計算書では、「営業キャッシュフロー」「投資キャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」の三つに分かれています。 ここでは「営業キャッシュフロー」について掘り下げます。

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローとは

 営業キャッシュフローは企業の本業による活動によっての現金の動きを表したものです。

 プラスだと本業によってしっかりとお金を稼いでいる状態です。 マイナスだと単純に本業で稼ぐことが出来ずにマイナスになる場合と損益計算書では黒字でも現金による出入りがマイナスになる場合があります。 どちらにしても営業活動によるキャッシュ・フローのマイナスが続くのであれば注意が必要です。

 企業の財務諸表のキャッシュフロー計算書を見てみると、営業キャッシュフローは「税金等調整前当期純利益」から始まります。 これを基準として、実際の現金による収入が多くなるならプラス、少なくなるならマイナスとして記載されていきます。

 ここで、主なポイントとなるのは「減価償却費」「のれん償却費」「売上債権の増減」「たな卸資産の増減」です。 次のページでは「減価償却費」と「のれん償却費」について解説しています。

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.