初心者の株式投資基礎講座

NISA(少額投資非課税制度)

 2014年から日本版ISAといわれるNISA(少額投資非課税制度)と言われる制度がスタートしました。 NISAとは株式や投資信託などの新規購入分を対象に、その配当や譲渡益を非課税にする制度です。 毎年120万円を上限として最大で5年間有効になります。

 本来は株式や投資信託などから得られた配当や譲渡益は所得税や地方税の課税対象として利益の約20%が課税されますので魅力的な制度であると言えるでしょう。 今回はそんなNISAについて解説してきます。

NISAではどれくらいの投資が可能なのか

 2018年現在では、NISA口座による取引は年間で120万円最長で5年の間、配当と売買による利益が非課税となっています。 また、最大で600万円までNISA口座での保有が可能となっていますので、例えば毎年120万円を5年買い続けるとして、利益が出た場合は相当な額が非課税として扱われる計算になります。

 ただし、NISA口座は2014年~2023年までとなっていますので、利用するには早めに申し込みをした方が良いでしょう。

NISAの注意点

 NISA口座は通常の株式投資や投資信託の口座とは別で口座を開設しなければいけません。 通常の口座であれば複数の会社で開設することが可能ですが、NISA口座の場合は一つの会社でしか口座を開設できません。

 そのため、会社によってもサービスの内容や扱う商品が若干異なるために最初の口座選びは慎重にしなければいけません。 また、一度口座を開設すると別の会社には変更できないことも注意しなければなりません。

特定口座との損益通算が出来ない

 NISA口座で損失が出た場合、特定口座との損益通算は出来ません。 たとえばNISAで10万円損失があり、通常の口座で10万円の利益が出ていたとしても損益は相殺されずに通常口座の利益に対しての課税のみ行われます。

デイトレード、短期投資には向かない

 NISA口座の年間120万円という枠ですが、これは保有株の合計金額が120万円までという意味ではありません。 年間で合計120万円までしか買えないということです。ですからデイトレードや短期投資で何度も取引しようと考えているのであれば、あまり効果はないでしょう。

詳しい解説は金融庁のサイトで

 NISA口座には、通常のNISA以外にも「ジュニアNISA]「つみたてNISA」というのもあり、利用方法は多岐にわたります。

 詳しく知りたい方は金融庁の「NISA特設ウェブサイト」をご覧ください。

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.