PEGレシオ

PEGレシオとは「Price Earnings Growth Ratio」の略称で銘柄の割安割高を判断するのに利用する指標です。

計算式はPER÷1株あたりの利益成長率で求められます。

例えばPER30倍で一株あたりの利益成長率が20%であるなら1.5となります。

この数値が高いほど企業価値に比べ株価が高くなっていると言われ、2倍以上で割高と判断されるようです。

このPEGレシオの利用方法は、例えばPER50の企業があるとして、PERだけ見れば割高ですが利益成長率が50%あるとします。

するとPER50÷利益成長率50でPEGレシオは1となり、実はまだ評価が低い可能性があるということがわかります。

注意すべき点は「1株あたりの利益成長率」がどういう設定で算出されているかです。

今後何年の予測の平均的な利益成長率なのか、どこまで信頼性のある成長率予測なのかといった点を注意しないといけません。

PEGレシオを求めている団体(証券会社など)の設定基準はチェックしましょう。