初心者の株式投資基礎講座

決算書の読み方1

 決算書を見てみると、難しい文章と数字で何ページも記載されていて、とても予備知識なしでは正しい判断は出来ません。 ここでは、決算書について要点をまとめてみました。

決算書の重要3項目

 決算書の要点は大きく分けて次の三つに分けられます。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • キャッシュフロー計算書
貸借対照表
 貸借対照表はバランスシートとも呼ばれ、「会社の期末時点での財政状態を表したもの」です。 会社の資産や負債、純資産を項目ごとに表し、会社がどんな資産を保有しているのか、どういう負債や債務を負っているのかがわかります。 そのため、貸借対照表では会社の基礎体力がわかる数字だと考えてもらうとわかりやすいと思います。
損益計算書
 損益計算書では会社の経営における数字を示します。 簡単にいえば、会社が一年間でどれだけ稼いだかということを表します。 売上や経費、結果として利益がどれくらいになったのかという事です。
キャッシュフロー計算書
 キャッシュフロー計算書では会社のキャッシュ(現金や預金)の動きを示します。 会社のキャッシュがどういった要因で増減しているのかという事を表します。 キャッシュの動きが悪い場合、支払いの遅延や信用の低下などの要因になりますので、会社の安全性を知る上で大切な項目です。

 次のページからは、それぞれを掘り下げて解説します。

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.