ローソク線の見方

 ローソク線は、株価チャートの中で最も使われているものです。 四本値(始値・終値・高値・安値)がローソクのような形で表されているためにこう呼ばれています。

 上の図はローソク線の基本的な形ですが、ローソク本体が白い左側が「陽線」、ローソク本体が塗りつぶしてある右側を「陰線」と呼びます。 始値よりも終値が高いのが陽線で、始値よりも終値が低いのが陰線です。 また、本体の上下に伸びる線を、高値側を「上ひげ」、安値側を「下ひげ」と呼びます。

 陽線も陰線も高値、安値は共に同じですが、始値と終値では逆になっているのがポイントです。

 基本は上の陽線、陰線ですが、株価の値動き次第では次のようなものもあります。

寄引同時線
 ローソク線の中で特に始値と終値が同値の場合、ローソク本体は出来ずに線のみで表されます。
名称 説明
基本形 高値、安値が別
トンカチ 高値、始値、終値が同値
トウバ 安値、始値、終値が同値
一本線 高値、安値、始値、終値が同値
ホーム