一目均衡表の見方

 一目均衡表のチャート判断には、他のテクニカル分析に比べ、かなり多くの判断基準があります。 事実、一目均衡表だけでも本が一冊出版されているくらいです。

 ここでは、もっとも基本的な判断基準である「三役好転・逆転」について説明します。

三役好転・三役逆転

 「三役好転」とはトレンドが買いに変化したことを示すシグナルで、「三役逆転」はトレンドが売りに変化したことを示すシグナルで 次の三つの判定を意味します。

1、基準線と転換線によるトレンドの判定
 基準線と転換線で、トレンドを判断します。 転換線が基準線を上抜けば買い、下抜けば売り。 移動平均線のチャートと同じくゴールデンクロス、デッドクロスの判断です。
2、株価と先行スパンによるトレンドの判定
 先行スパンと先行スパン2の間を「雲」と呼びます。 株価が雲の上で推移しているときは、雲が下値抵抗帯になりトレンドは上向きと考えます。 逆に雲の下側にいる時は上値が重いとしてトレンドは下向きになります。
3、株価と遅行スパンによるトレンドの判定
 遅行スパンが株価を上抜けたら買い、遅行線が株価を下抜けたら売りと判断します。
(一目均衡表)前ページ← ホーム