IPO(新規公開株)

 IPO(新規公開株)は「Initial Public Offering」の略で、未上場企業が新しく証券取引所に上場し、一般投資家に株式を取得させることを言います。

 上場に際して、企業は新たに株が公募したり、上場前に株主が保有している株を売り出します。 これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。 企業にとっては上場することで、市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

 またIPO株は投資家にとっても魅力的です。 新規上場株は当然注目されていますから、それだけ需要も高まります。 そのため、IPO株を公募価格で購入できた場合、上場時につける初値よりも安く手に入れられる可能性が高いのです。

IPO(新規公開株)の公募

 新規公開株の公募価格は、「ブックビルディング」という方式で決められます。 ブックビルディングでは、仮条件を投資家に提示して、 「その値段で投資家がどれくらい買いたいか」という投資家のニーズを調べた後に新株の価格決定を行なう方法です。

 具体的には、まず「1株10,000円〜12,000円で販売します」というような仮の条件が投資家に提示されます。 そして投資家はその条件を見て、「1株1,200円で100株買いたい」というように需要を申告します。

 こうして投資家の希望する値段の状況から判断された価格が公募価格になります。

 このブックビルディングで公募価格が決められると、その価格以上で希望していた申し込み者の間で抽選が行われ、新しい株が投資家に配分されます。