損切り

 株式投資で最も大切なことは損失を最小限に抑えることです。 今回はその損失を出した時の対処方法について解説します。

 優秀で利益を出し続ける投資家は損失を出さないのでしょうか? あるいは、90%を超えるような驚異的な勝率を上げているのでしょうか?

 そういう投資家も中にはいるかもしれませんが、大部分はそんなことはありません。 では利益を出せる人と出せない人の違いはどこにあるんでしょうか。 それは「損失を出した時の対処法」つまり「損切り」の技術にあります。

 損切りとは、損失を出した投資を手仕舞う(決済する)ことです。

損切りのルールを決める

 損切りの技術といっても、それほど難しいことをしているわけではありません。次のルールは利益を上げ続ける投資家のルールの一例です。

損切りのラインを決める
 投資をする前にどれだけ株価が下げたら損切りをするかを決めます。 例えば「100円下げたら処分する」、「5%下げたら処分する」など買う前から決めておきます。
大きな売り指値注文が出たら処分する
 デイトレードで使う損切り方法ですが、買った銘柄の気配値に突然大きな売り板が出たら処分します。 もちろん、それに対して買い上げる動きもあるかもしれませんが、一旦は取引を終了して、買いあがるようであれば 再び参入すればいいのです。
いつか上がると考えない
 特に投資歴の浅い人や損切りの苦手な人に良くある考え方です。 自分の選んだ銘柄に固執し過ぎると、損失を出すことを認めたくないのは当然です。 しかし、その結果ズルズルと損失が膨らみ大きな失敗に繋がります。 損を認めて、新しい銘柄を探した方がずっと効率良く投資が出来ます。

 上のルールはあくまでも基本的なものですので、人によって様々な損切りのルールは存在します。 しかし共通して言えることは、潔く損失を認めることが利益を出せる投資家になるための第一歩だということです。