初心者の株式投資基礎講座

順張りと逆張り

 株式投資の売買のタイミングはどのように決めていますか? 投資における売買のタイミングは大きく「順張り」と「逆張り」に分けられます。

順張りとは

 「順張り」はトレンドに従って売買を行う手法です。 株価チャートが長期的に上昇傾向にある場合に、そのチャートの流れに従って株を購入しある程度上昇したところで利益確定をするという流れです。

順張りの株価チャート

順張りが効果的な相場

 順張りには安定した上昇チャートを描いている株であることが重要です。個別での動きが底堅いことはもちろんですが、相場としても安定している事が前提です。 昨今のような世界的に長期的な上昇トレンドにあるような相場では順張りによる投資が利益を出すのに効果的だと言えそうです。

逆張りとは

 「逆張り」はトレンドの転換点を見極めて売買を行う手法です。株価チャートが定期的に波打っているような銘柄や大きく変動している銘柄に効果的です。 逆張りは技術力を伴いますが、うまくトレンドの転換点を見極められれば、大きな利益を得る可能性が高くなります。

逆張りの株価チャート

逆張りの効果的な使い方

 逆張りは行き過ぎた上昇や下落に対して、それを是正する動きを先読みして行うような売買方法です。 ですから、業績修正や何らかの要因によって株価が大きく変動しているような銘柄に対して効果的です。

 例えば、下方修正が出て、大きく売り込まれたような銘柄などの底を予測して反発を狙うといったような売買です。 ただ、株価が大きく変動している以上、予測を外した場合には大きなダメージを負う可能性があるので、逆張りをする際には損切ラインをしっかりと決める必要があります。

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.