初心者の株式投資基礎講座

必要な投資資金は?

 株式投資を始める資金はどれくらい必要でしょうか? ここでは管理人の経験から初期投資資金について考えてみます。

株価はどれくらい?

 株の価格、つまり株価は銘柄によって様々です。 1株10円の銘柄もあれば、1株1万円を超える銘柄もあります。 ただ株価が安いといって、会社の規模が小さいわけではありません。 それは株の発行株数自体も会社によって様々だからです。 だから、大きい会社だから株価が高いとか、小さい会社だから株価が安いという事は全くありません。 では株価10000円の銘柄は10000円で買えるのでしょうか?

株を買うには100株単位

 2018年の10月以降、株の売買は100株単位に統一されました。 この株を買う最小単位をを単元株数といいます。 ですから、ある会社の株を買いたいと思うなら「株価×100株」のお金が必要になります。 ちなみに、2018年10月以前では会社が単元株数を決めていたので1株だったり1000株だったりしていました。

つまり株を買うのに必要なお金は?

 ここでようやく、株を買うのに必要なお金ですが、最初に話したように株価は会社によって様々です。 100株を買うのに必要なのは1万円という会社もあるし100万円でも足りない会社もあります。 日本証券取引所に上場している銘柄は3000を軽く超えますが、多くの銘柄は数十万円あれば購入することが可能です。 右も左もわからない状態から株を始めるのであれば、30万円以内で買えるような会社の株で良いと思います。

投資資金はどれくらい用意したら良い?

 実質に始めるには、極端な話1万円あれば株式投資は可能です。 しかし、それだと限られた銘柄しか売買できない上に、一日に数十円程度しか値動きがない状態では株式投資に身が入らないのではないでしょうか? ですから50万円程度の投資資金を用意して始めることをお勧めします。 50万円は大変というのであれば、30万円でも20万円でも大丈夫です。 その中で5~20万円くらいで買える銘柄を2,3銘柄ほど売買しつつ経験を積み投資資金を増やしていければ良いと思います。

 また、最初から一つの銘柄に全額投資をしたり、投資資金を追加することはお勧めしません。 ある程度余裕のある資金で始めて、正しい投資が出来ていれば、自然に資金も増えていきます。 投資に使うお金は焦らずに、投資で増やしましょう。 もし、その結果損失が出たとしたら、損失が出た状態から元の資金に戻せるだけの経験を積むことが大切です

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.