塩漬けしない

 株式投資をすると、投資した企業に対して特別な想いを抱きます。 何せ投資したのはその企業の株価が上げると判断したわけですから、 保有期間が長いほどその企業に魅力を感じます。

 そのため購入した株が下落しても、手放すのは惜しくなり、つい損切り出来ずに長期間保有しがちです。 この売りたくても株価が安く売れない状態を”塩漬け”と言います。

 この状態は投資を行う上で最悪の状況です。 塩漬けになった株は売れないばかりか、そのために資金が拘束され他のチャンスをいくつも逃すことになります。 しかも放置しているだけでは、投資の知識もほとんど身に付きません。

 「いつか上がる」や「配当だけはもらえる」と思うぐらいなら、損切りして「今上がるであろう株」を買いなおしましょう。 株価が上がるのは優良株というだけではなく、キッカケが重要です。 それを待つのに時間を費やさず、有意義に使うべきです。