時間による株価の動き

 株式市場は前場9:00〜11:30と後場12:30〜15:10の間に取引出来ますが、 その時間によっても売買の特徴があります。 ここではその一例を挙げてみようと思います。

9:00〜10:00
 9時の寄り付きから30分程度は最も活況に取引が行われる時間です。 前日の欧州の株式市場の動きや前日の個別企業の決算発表を受けて、多くの銘柄が変動します。
10:00〜11:30
 この時間は中国の市場の動きを受けて日経平均株価も推移することもありますが、 それほど取引が活発には行われません。そのため、一旦寄付き後に上げた銘柄が出来高の減少を伴って下落することが多い時間です。
12:30〜14:00
 後場の寄り付きは少し動きのあるものの特に目立った動きがない限り動きにくい時間です。 ただインドの市場が開くのもこの時間のため、日経平均株価も少しは影響を受けます。
14:00〜15:10
 9時の寄り付きの次に大きく株価が動く時間です。 この時間ぐらいから翌日の動きを推測した値動きをし始めます。 また、当日に注目されて出来高が急増しているような銘柄は14:00頃に出来高を伴って一気に値を上げたりと デイトレードにとって取引のタイミングを計る時間となります。

 このように1日の中でも時間によって動きに傾向やパターンがありますので、それを見極めて早めに対応するのも デイトレーダーとして大切な要素になります。