損失を出さない株式投資の重要性

 私のモットーは、利益を出す投資よりも損失を出さない投資です。大きな利益を常に求めるのではなく、損失を出さないことを常に心がけています。

 それは、投資を続ける中で利益を出すことよりも、損失を出さないことの方がはるかに重要な要素だと考えるようになったからです。

 大きく利益を上げる可能性のある株式投資には、仕手株や騰落率の激しい銘柄を扱う必要があります。そのため、型にはまった時には何倍にも利益は跳ね上がりますが、逆に全く型にはまらない場合、損失も同じように膨らみます。

 そうなると、次は失った分の資産を元に戻す作業から始めなければいけません。そこでまた、同じような損失を出してしまうと、元の資産に戻すまでに途方もない時間をかけなければなりません

 もし、自分の投資能力に絶対の自信を持っていたとしても、短期的な所では運の要素も少なからず影響する株式市場においては、「絶対」というものはないし、何年も何十年も株式市場に身を置くと想定外の事態というのは必ず起こります。

 逆に損失を出さない投資を心掛けるならば、対象となる銘柄はそういったリスクを伴う銘柄を対象に取引は行わないので、致命的な損失を出す可能性は圧倒的に低くなります。また、想定外の損失と同じく想定外の利益を出す可能性もあるのが株式相場です。積極的な投資程の頻度はなくとも、大きな利益を出すチャンスは必ずあります

 守りを固めることで損失を最小限に抑えれば、着実に利益をプラスにすることは可能です。最初は少ない利益でも、資産が増え続ければやがて同じ利益率でも大きな利益額を手に入れる日が必ず来るでしょう