初心者の株式投資基礎講座

株式投資を始めてわかった入門書を何冊も読む無意味さ

 株式投資を始めるからには損をしたくない。 だから何冊もの入門書や初心者向けの本を読んで勉強する。 そして、『これだけ勉強して知識を詰め込んだ自分は、他の人とは違う。すぐに大きな利益を手に入れる』と思い込んでしまう。

天才でもない限り本を何冊読んでも投資力はつかない

 株式投資の入門書を読むと人は少なからずそう考えています。 なぜなら、投資の解説本の多くは基本的な知識や技術が書いているもので、それは当然ですが、株式投資の多様性は実際に売買してみないとわからないからです。 だから多くの本を読んで勉強してしまうと株式投資はあくまで基本的知識だけで、自分は特別なんかじゃないってことなんです。 自転車に乗った事のない人が本を読もうが、自転車に乗れるわけがない、それと同じことです。

投資力を鍛えるには本を読むよりも取引を

 そういう私も何冊か本を読んで「株式投資は簡単」と少なからず思ってました。 そして初めて株式投資をして、事前に本で得た知識では自転車には乗れないということに気づきました。

 日々複雑に情勢を変える株式市場や個別銘柄の動きを理解するには、入門書や基礎の本は何十冊読もうとそれほど意味のあるものではありません。 本に書いてあることは、ただ基本的な常識程度のことだけです。 『PER(株価収益率)が10倍を切っていれば割安、PBR(純資産倍率)が1倍を割れて入ればその企業の資産は株価以上の価値がある』など、その知識だけではあまり役には立ちません。

 では、入門書や基礎の本を読む意味はどこにあるのか? だから、同じような事を少し違う言葉で書いてあるような複数の本を読む必要はありません。 一冊だけ読めば十分です。またはインターネットで株式投資の基礎をまとめたようなサイトでも良いでしょう。 あとは実際に投資をしながら足りない知識をその都度身に着けていけばいいと思います。

では本はどう活用するのが良いのか

 入門書に関しては、1,2冊読んでおけば十分に株式投資を始める事は出来ると思います。 本の知識が本当に必要になってくるのは、株式投資の売買を始めてからなんですね。

 何がわからないかを知らない状態で本を読むのではなく、わからない事が何かを知った上で知識を求める事で、より効果的に必要な知識を身に着ける事が出来ます。

つぶやき投資論リスト

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.