初心者の株式投資基礎講座

専業株式トレーダーのライフスタイル

 専業トレーダーとなり数か月(2013年の記事掲載時)が経過していますが、仕事をしながら投資をしているのと比べるとライフスタイルが大きく変化しました。

 仕事をしていた時には1日10時間は当たり前、通勤も場所がマチマチだったので往復で2時間以上かかることも珍しくありませんでした。 つまり仕事に費やしていた時間は一日に12時間は軽く上回っていました。

 しかし株式投資の売買時間は、9:00~15:10までの市場が開いている時間だけです。 休憩1時間を除くと5時間しかありません。 企業の分析は当日の市場を見ながら行う私にとって、その他の投資にかかる時間を併せても6時間程度しか時間を費やしていないんですね。 もちろんその段階までは地道な研究と勉強は必要でしたが・・・

 これまで仕事のために費やしていた残りの6時間もの時間が他の事に充てられるようになったため、まだその時間を上手く使う事は出来ていませんが、無駄にならないように何か有益な事が出来たらいいと思います。

 この「初心者の株式投資基礎講座」もそういった自由に使える時間を有意義に使うために始めました。 目的は株式投資というものを、多くの人に知ってもらえる機会を作ることと、トレードで引きこもりがちなため、外に何かを発信する場所が欲しいと思ったのがキッカケです。

専業投資家になって5年が経過して(2018年追記)

 この記事を書いてから5年が経過しました。 2018年前半までは、相変わらず専業トレーダーとしてのライフスタイルを送っていました。

 5年経った時点でもやはり株式投資に充てる時間は9:00~15:00までの時間ではありますが、投資資産が増えた分、株式売買の内容もデイトレード中心から中長期メインでのデイ・スイングトレードへと変化していきました。 その結果、日中の株式売買をしている時間もパソコンの前に張り付いているという事もなく、より自由に使える時間が増え、映画を観たり家事をしながら株の売買を行うといったライフスタイルになりました。

 また、ザラ場以外の時間は、専業トレーダーとなるまでに株式投資の勉強のためにプライベートな時間を費やしていた反動からか、趣味や家族・友人との時間に使うようになりました。 ただ、専業トレーダーとして5年経過した今、株式投資に対しての探求心のようなものが薄くなったため、今度は別の何かに挑戦してみたくなり、2018年後半からは兼業投資家に戻りました。

 兼業投資家に戻るもう一つのキッカケとしては、数年続いた日本の好景気も頭打ちしそうな事から、株式投資だけではなく他の収入源も確保しておきたいという理由もあります。

つぶやき投資論リスト

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.