保有株が突然ストップ高した時のザラ場のテクニック

 株式投資をしていると、予測不可能で理由のわからないストップ高をしている銘柄が度々存在することに気づきます。特別に何のIR材料もなく、決算発表が近いとか何の理由もなく、ほんとに突然に・・・傾向としてはジャスダック市場やマザーズ市場などの新興市場に多いですが。

 株式投資を続けていると、いつか自分の保有銘柄がそういった状況に遭遇するかもしれません。今回はそういう時の対処法を。(ちなみに私の長年のデイトレードによる統計や経験によるものなので、参考程度にしてください)

 ザラ場に突然、持ち銘柄がストップ高に張り付いたらどうするか・・・絶対に必要なことは日足チャートを確認することです。

 何の理由もなく突然上げる場合、銘柄によっては同じような前例があることがあります。数か月前とか一年程度の間に同じような突然のストップ高が何度かなかったかを確認するのはとても大事なことです。

 そこで、過去に前例があった場合どうすればいいのか?、無かった場合はどうすればいいのか?ちょっと長くなりそうなので次のページで解説します。

 ※ちなみに、これは原因がわからないストップ高の場合の対処法です。企業の上方修正のIRや何かの好意的なIRでストップ高した場合には対応していません。そこは前持って確認してくださいね。