投資とはどれだけミスを小さく出来るかだと思う

「敗者のゲーム」という有名な本をご存じでしょうか。偉大な投資家のチャールズエリス氏の著書らしく、お恥ずかしい私は話今こういう本があるという事をしりました。だから、まだ読んではいないのでネットで誰かが要約している内容でしか知りませんが、投資が敗者のゲームであるというワードに心が惹かれたので何となく自分なりにこの言葉を解釈してみたいなと思いました。

敗者のゲーム・・・色々な要約を見ていると、失敗によって勝敗の差が生まれるということらしいです。テニスに例えて、プロの場合はコースギリギリを狙ったり、ポイントを取るための強いショットを打ったりと攻める技術の差が勝敗を決めるのに対して、素人のテニスはネットにかかったりアウトしたりといった自分自身のミスが勝敗を決める真逆のスポーツになると。そして投資とは後者の要素であり、ミスの程度をいかに少なく抑えるかということが、投資の世界で生き永らえるポイントになるのだと。

私自身はまだ読んでいませんので、解釈が正しいのかははっきりと言えませんが、こういう意味で捉えるのが私にとっては一番自然に思えます。メディアなどでは派手な取引で短期間に資産を何十倍にしたり、一回の取引で何十億の利益が出たなどと言ったことを報じたりして、そういうものが投資だと思われがちですが実際の投資家というのは多くの失敗の中から成功への道を見つけ出し一歩ずつ前に進むようなものだと思います。(2015.10.26)