初心者の株式投資基礎講座

20代で株式投資を始めるのと資産運用はぐっと上手くなる

株式投資を始めるなら20代から始めた方が資産運用の効率がぐっと良くなるという投資理論です。

株式投資は大人の投資ではない

仮想通貨やFXトレードは比較的若い人がやっているイメージがあると思いますが、株式投資はそれほど若者がしているという印象がないのは私だけでしょうか。

そういう印象は人それぞれですが、私としては「若い人ほど仮想通貨やFX取引よりも株式投資に向いている」と思います。というわけでその理由を解説していきます。

株式投資とFX取引との大きな違い

株式投資とFX取引との大きな違いの一つとしては、株式投資は上昇することを目的としているという点です。

どういう事かと言えば、株式投資では上場している会社の株式を売買することで資産を運用します。この株式というのは会社を分割したようなものですから、会社の実質的な成長と共に価値が上昇していくのが普通です。

もちろん経営不振や不景気などの影響で一辺倒というわけではありませんが、基本的には携わる人のほとんどが上昇することを目指しているという点がポイントです。

それに比べて、FX取引は通貨同士の綱引きであり、どちらか一方向を向いているわけではありません。この違いは実は大きくて、将来的に価値の上がるとわかっている株式投資では、20代の早い時期に始めた方が圧倒的に資産運用としての効率が良くなるんですね。

20代の方が長期投資に向いている

「株式投資はじっくり売買するから、若い人には向かない。やるなら短期トレードでの売買が魅力のFX投資や仮想通貨。」と思う人もいるかもしれませんが、実はそうではないと私は思います。

若いからこそ長期投資に取り組めるんです。20代で株式投資を始めたとして20年経ったとしても40代です。仮に、この20年の間に配当率5%の株式を保有していたとしたら5%×20年で、配当金だけで100%戻ってくることになります。

もちろん、その会社の経営が安定している事が条件とはなってきますが、その間によほど大きな経営不振になる事がなければ、会社の利益剰余金などが増加することで株価自体もいい方向に変動する可能性が高いでしょう。20年というのはかなり長いスパンですが、20代であればそれも十分検討に値する資産運用ですね。

若い時から投資経験を積むことが出来る

20代から投資をすることで、資産運用するのに十分な投資経験を積み重ねる事が出来ます。これは意外に最も重要なポイントで、株式投資を始めた当初から資産運用としての株式投資が出来るかと言えば、そうではありません。

特にデイトレードやスングトレード、短期投資など投資期間が短くなればなるほど、投資初心者は失敗する可能性が高くなります。 株式投資では失敗から学べる事が非常に多いため、こういう失敗の数を重ねて改善点を見出すことが出来る時間を十分に持てるのも20代から株式投資を始める強みです。

複利で資産が増える強みが活きる

資産運用では、その資産を引き出さなければ複利方式で資産が増えていきます。 株式投資であれば、配当金や株価上昇による株式譲渡益で利益が出た場合、それを次の投資に回すことが出来ます。

長期投資でなくても、資金を効率的に運用することが出来るようになれば、初期投資の額からすると圧倒的な資産を運用するまでになれる時間が出来るのも20代の強みです。

【まとめ】失敗する時間も運用する時間も十分にある

20代から株式投資を始める事のメリットで共通している事は、「株式投資に向きあうための十分な時間がある」という事です。

スポーツや勉強では、子供から始めていれば・・と思うよなことも多いですが、同様に投資に関する勉強や経験も20代から始めていればと思う事がきっと出てくると思います。

もし20代で株式投資に興味があれば、早めに始めた方が良いと思いますし、30代、40代であったとしても、さらに上の年齢であっても、現時点でなるべく早く始めるのは悪いことではないと思います。

ただ、共通して言えるのは、無理のない資金で始める事が大切です。

つぶやき投資論リスト

Copyright (c) 初心者の株式投資基礎講座 All Rights Reserved.